何なんでしょう? 英語だけでなく他の教科、理科や社会の成績もどんどん上がってきています

投稿者: | 2017年11月8日

Q:中学2年生の次男が、『英語の女神』をやっています。

英語があまり得意でない次男は中1の秋から『英語の天使』を始めて、今は『英語の女神』の後半、やっと学校のペースに追いつきました。途中何度も投げ出しそうになりましたが、このテキストの良さが分かったのか、今では「英語の女神は俺の味方」なんて言いながら毎日コツコツやっています。

ところで、このシリーズのテキストで勉強し始めてから、英語だけでなく他の教科、理科や社会の成績もどんどん上がってきています。何なんでしょう。次男が言うには、できなかったら、覚えていなかったら繰り返すこと、それができるようになったということです。

「繰り返すこと」って、こんなに効果があるんですね。びっくりしました。今一番苦手な数学をどうにかしたいと頑張っているようですが、頭を使って考える数学も「繰り返しの学習」でマスターできるものなのでしょうか。英語と関係のない話で恐縮ですが、アドバイス頂ければ幸いです。

 

A貴女の息子さんは、『英語の天使』・『英語の女神』を通して、学習の仕方がしっかり身に着いたようですね。当塾でも、英語のこのシリーズの学習で、本来あるべき学習のスタイルが確立し、他の教科の成績を上げている生徒がいます。

「本来あるべき学習」 それは、「内容が分かるまで説明文を読み続けること。自力で解けるようになるまでその問題を解き続けること。完全に暗記できるようになるまで覚え続けること。」すなわち「続けること」ではないでしょうか。その姿勢を持ち続けていけば、たいていのことはマスターできるはずです。

現在中学2年生の数学は、証明問題に取り組んでいる頃でしょうか。証明問題はある事柄を論理的に説明していくという、それまでの「問題を解く数学」とは違っていて、なかなか馴染めない中学生がいます。当塾でも毎年何度解説しても分からないという生徒がたくさんいます。そんなときは、次のような指導をします。

「説明している内容が分からなくてもいいから、模範解答を暗記するぐらい書き続けること。スラスラ書けるようになったら次の証明問題に移ること。言っていることが分からなくても、何も考えず模範解答を写し続けること。しばらくそれを続けること。」

なかには「先生、おかしくないですか。理解していないことを何回書き写しても分かるようになるわけないじゃないですか。」と言ってくる生徒もいます。でもやらせます。このような作業を5,6回やらせます。書き写した問題は延べ50問を超えます。

そうすると、「あぁ、証明問題ってこういうことなんだ。なんとなく分かってきた。」と言うようになります。人間とはすごいものです。何も考えなくていいと言われても何かを考え、学び取ろうとするものなのです。

最初に習う証明問題は、例えは、「△ABEと△CBDにおいて」から始まります。次に条件が3つ続きます。それによって合同条件が決まります。そして、結論に至ります。何十回と書き写すことで証明の流れが体に浸み込みます。そして、鉛筆を持つ手が覚えてくれます。私は子供達によく言います。『数学は暗記科目』 数学といえども繰り返すことで必ずマスターできます。

この方法で証明問題が得意になった中学生がたくさんいます。ぜひ、息子さんに話してみてください。

カテゴリー: Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です