思い悩んでいるあなたへ!

投稿者: | 2018年6月26日

あなたは、英語ができない原因を何と考えますか。

        「私はもともと勉強が得意でないから」

        「僕には英語のセンスがないから」

        「私って覚えたと思っても情けないくらいすぐに忘れてしまうから」

        「俺は暗記がめちゃくちゃできないからな」

違います。英語ができないのは、あなたに能力やセンスがないからではありません。第一「英語のセンスって何ですか。英語を母国語として話している人はみんなセンスがあるのですか」

今あなたは何か英語の参考書や問題集を使っていますか。もし使っているのに英語ができるようにならないというならば、それはそれらの教材があなたに合っていないというだけのことです。あなたはサイズの合わない靴を履いて全力疾走しようとしています。大きすぎれば脱げないように気を遣い、小さければ足の痛みに耐えながら走らなければなりません。走ることの楽しさはどこにあるのでしょうか。

どうか勇気を持って「英語の天使」の扉をたたいて下さい。天使があなたに静かに舞い降ります。どんなに勉強が苦手でも、暗記ができなくても、あなたを英語の世界にゆっくりと導いてくれます。今まで見たことのない、全く新しい景色が目の前に広がっていきます。わくわくします。ぞくぞくします。

「勉強ができる、できない」は関係ありません。「センス」も必要ありません。邪魔なだけです。なかなか覚えられない。構いません。覚えても忘れてしまう。いいじゃないですか。そういう人達のための教材です。覚えられないことを恐がらないでください。覚えにくいこと、忘れてしまいそうなことは、そのあと何度も訓練します。そういうテキストなのです。

「いつになったら覚えられるんだろうね。」と、笑い飛ばしましょう。

『できないときは、できるようになるまでそのプリントをやり続ける』

これだけで大丈夫です。あとは任せてください。

「英語の天使」は、差し出されたあなたの手を決して放しません。

「英語の天使」の最後の学習No.103までは遠い道のりです。

千里の道も一歩から

焦らず、一歩ずつ味わいながら進んで下さい。「英語の天使」が終わる頃には、あなたは『完璧に理解してから次に進む頑固者』になっているはずです。

この姿勢さえあれば、「英語の女神」も思う存分楽しめるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です